坊’s Station

夢の話。

先日、夢に5年も前に亡くなった愛犬がでてきまして
もう1匹知らない犬も(感じはマメ芝。この間の救出された犬みたいな)

場所は実家の玄関先です。

そのマメ芝の相手してるとそいつが
左の小指を甘噛みするんですよ。
「なんだよぉ?」とか言ってると愛犬の登場ですよ。
左肩を引っ張るんですよね。
ふと口にしたのが
「だめなの?」
自分の夢だけど何が駄目なのかも判らず…。
そいで愛犬にもう一言
「じゃぁ祓って」
愛犬が後ろから肩に乗る感じですっと…。
夢半ばなのですが体の感覚はリアルに戻り
不思議とスーッと肩が軽くなったんですよね。
「ありがとね。」
これは色々な意味がこもってのなんですけどね・・・。
涙流しながら言ってましたね(コレは夢の中で)
あとはずっと愛犬抱きしめながら
「ごめんね。ごめんね」
と号泣してましたね。

愛犬の最後は看取ってないんですよね。
老衰とかイロイロあって
生きているのがすっごい辛そうな状態で
寿命の前に眠ってもらったんですよね。
彼女の苦しむ姿をもう見てられなかったのですよね・・・。
そんな事があって、何も言えないまま別れて
亡くなってから初めてですねぇ…。
夢にでてきたの。
だからですかねぇ。
抱きしめて、謝って、号泣して…。
抱きしめた感触は今でもはっきり残ってるんですよねぇ…。

「もう行っちゃうの?」
首を縦に振る彼女…。
こうなりゃ当然「嫌だ!行っちゃやだ!」で駄々っ子ですよ(笑)
もうずっと目が覚めるまで「ゴメン。ゴメン」ですよ。
首を横に振ってたのが印象的でしたけどね。
コレはもうおいらの都合のいい部分なんだろうな…。

辛そうだから、楽にさせる。
コレは人間のエゴですよね。
最後を看取ってあげるのが家族を増やす人間の責務だとは思う。
でも、苦しいまま生きてるなら楽にさせてあげたいって思う。
どっちを選択するにしろ、どっちも苦しいですよ。
自分も彼女らも…。
なんかやっぱ上手く言えないけど・・・。

幸せだったのかな…。
実際会って言える事って
やっぱり「ゴメン」だって思う…。
[PR]
by bowssation | 2006-11-26 23:05 | 日記
<< 旅してきました。 男のうろ覚え(?)料理!! >>



役者による思ったことを書き連ねるお馬鹿なウェブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
関連リンク
---劇団関係---
劇団Peek-a-Boo
よちのこころ
missuiの足跡

---カバディ関連---

カバディスト~光圭~



---PSO関係---
PSOBBチーム「クェイと愉快な仲間たち」
かれぷそ
きまぐれな唄
----------------------------------

メールはこちら
isami_k@hotmail.com
hotmailなので気軽にメッセンジャーで声をかけて下さいな♪






ブログ検索
人気blogランキングへ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧